スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

結婚詐欺・連続不審死事件、死刑判決

 木嶋佳苗被告に死刑判決が出た。

 うちは地デジ化していないので、一番最初に知ったのはTBS News iだった。
 驚いたのは、「自白や目撃者といった、直接的な証拠がない」のにも関わらず、いとも簡単に死刑判決が出たことだ。
 そして、TBS News iは、「自白や目撃者といった、直接的な証拠がない」の後に「のに」ではなく「ため」と続け、「裁判員らは難しい判断を迫られました」と締めた。
 ここには、「疑わしきは被告人の利益に」という推定無罪原則のかけらも無い。
 裁判所にも、報道側にも、その意識は全く無いのか。

 さらに、反吐が出そうなのが、検察側が用いたこの例え話だ。
*****************************************************************
夜は星空で、朝起きたら一面、雪景色だったとします。その場合、雪が降っていたのを見てなくても分かります。夜のうちに雪が降ったのだと(検察側)
*****************************************************************
 これを分かりやすく翻訳すると、こうなる。
*****************************************************************
夜は生きていて、朝起きたら死体とあなたの名刺が落ちていました。その場合、殺した瞬間を誰も見てなくても分かります。あなたが殺したのだと(寿児郎)
*****************************************************************
 おお、簡単だな、冤罪を作るのは。
 この例え話を作った検察官は至急脚本家にでも転職した方が良い。
 ご丁寧に比喩と倒置法まで使ってこんなに洒落た文を作れるのなら、さぞかし有望なフィクション作家になれるだろう。


 話はまだ終わらない。翌日の各紙社説である。

 東京新聞は、ほぼ全面的に裁判所の判決を肯定した。
 最後の方に不十分な捜査を指摘してはいるが、どの新聞社も言っている程度のことで、東京新聞ともあろうものが無批判に死刑判決を支持している。
 ショックとは、正にこのことである。

 毎日新聞もそう。
 引っ掛かるのは、「検察は、こうした間接的な証拠を積み重ね有罪立証を試みた」という言い方である。
 先に引用した素敵な例え話も検察による「試み」になるのだろうか。
 言っておくが、これは「試み」とは呼ばない。
 自身が決定的な証拠を掴めないことを認めるばかりでなく、それを曝け出して開き直り、逆手にとって相手を嵌めようとする、これ以上ない厚顔無恥な行いである。
 「達成感がある」と語ったオタクっぽい裁判員を労う言葉まである。

 どうしたんだ、東京新聞、毎日新聞。
 光市母子殺害事件の上告が棄却されたときだって、あなたたちだけは匿名報道を守り抜いたじゃないか。
 その面影は、どこへ行ったんだ。

 朝日新聞に至っては社説で取り上げてすらいない。
 (16日になっても取り上げない。最低と言わざるを得ない)

 意外にも読売新聞が例の例え話に対して批判めいたものを書いている。
*****************************************************************
 検察が論告で、状況証拠の評価に関して用いた例え話も、違和感が残る。検察は「寝る前に星空が見えたが、夜が明けて一面雪化粧であれば、雪が降るのを見ていなくても、夜中に降ったことが分かる」と主張したのである。
 裁判員に分かりやすく説明しようとしたのだろうが、想像力で判断してもらいたい、と述べているかのようにも受け取れる。
 証拠だけに基づき判断する刑事裁判の鉄則に照らせば、不穏当な例えだったのではないか。
*****************************************************************
 よし。ありがとう、読売新聞。少しだけ、スッとしたぞ。
 と思ったが、最後の締めは他紙と同じような裁判員への労いの言葉……。

 まあ、個人的に労う分には別に文句は無いんだけど、こう、どの紙もどの紙も判を押したように裁判員への労いを書くとは思わなかった。
 裁判員制度に対する批判も死刑制度に対する批判も、どの新聞社説からも見られなかったのは、誠に残念と言う他ない。

 ちなみに読売新聞は、コラムでもこの事件を取り上げている。
 社説と同じように、裁判員制度に対する批判は無いものの、検察の論告に対しては疑問を呈している。
 この「権力に対する批判精神」には一定の評価をしたいと思う。

 日経新聞も同じような論調だったが、先述のヲタ裁判員の言葉が少し前から引用されていた。
*****************************************************************
裁判が進むにつれてだんだんつらくなった。だが、逆に期間が長く結束することができ、達成感がある。
*****************************************************************
 「結束」……。「絆」という言葉とも重なる。
 「結束」も「絆」も強い力を発揮する。そこには善意しか働かない。
 だからこそ危険なのだ。善意にはブレーキがかからない。そしてそれが複数人になることで「結束」「絆」が生まれ、どうしようもないほどに強くなる。
 結果として、木嶋佳苗という一人の人間を「殺す」という結論が出た。
 それに対して臆面も無く「達成感」という言葉が出る人間に対しては、僕は非常にグロテスクなものを感じる。
 きっとこういう人は自分が誰かを殺す可能性など微塵も考えない正義感にあふれた人物なのだろう。
 立派なことだ。

 各紙社説担当の方々に言いたい。
 出来事をただ伝えるだけだったら、ジャーナリストの肩書を外してくれ。
 社説の欄を使ってまで出来事の報告と、せいぜい無難な意見を書くのであれば、メルヘンな例え話を盾に職務放棄したどこかの検察官と変わりない。
 批判にさらされること、圧力をかけられること、誰かを傷つけることを恐れずに、自分の意見を発信するような、カッコ良いジャーナリズムを、どうか見せてほしい。
スポンサーサイト
.16 2012 死刑 comment0 trackback0
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。