スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

若松孝二『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』

若松孝二監督の今回のテーマは、「三島由紀夫」。
山岳ベース事件・あさま山荘事件を、連合赤軍側の視点から描いた『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』(2008)から、いわゆる「左寄り」であるかのような印象を持ってしまっていたが、今作を観て恥ずかしくなった。
と同時に、75歳という年齢で左も右も関係なくポンポンポンポン飛び越えていく不良ぶりには、痛快すら感じた。

作品で描かれている三島由紀夫像は、僕から見て滑稽にも見えた。
日本を憂い、日本刀を信望し、軍によるクーデターこそが真の日本を取り戻す術だと本気で信じきっている三島。
その三島に心酔し、どこまでも付いていくという森田。
結成された民兵組織「楯の会」。

観ていくうちに、滑稽にも見えた三島由紀夫はじめとする楯の会と、内部から自壊していった連合赤軍が非常に似て見えてきた。
若くて真っ直ぐな熱情を持った者たちが、組織という独特の空気の中で、互いの本気を確かめ合いながら、あるいは試し合いながら後に引けなくなっていく。
右と左という意味で対照的のように見える二つの組織だが、切迫した危機感と日本を何とかしなければならないという強迫観念は共通している。
そして、全てが終わった後に残されたものも……。

虚しい。

これ以上ない絶望感。
命を賭した者の叫びは、その内容が何であれ、誰にも届かないのか。
結局は何も変わらない。
誰も気付かない。
忘れ去られる。

三島の切腹シーンは相当にリアルでグロテスクだった。
その場に立ち合った小賀は、小川は、古賀は、森田も、三島ですらも、想像できていただろうか。
計画を立てている段階で、一週間前、三日前、前日の夜、当日の朝、演説中、演説が終わった後、切腹の直前まで……。
健康で鍛えられた肉体を刃が抉る瞬間を。
その時の苦悶に満ちた声を。
肉や内蔵に喰い込むミチ、ヌチャ、という音を。
介錯する瞬間の悲しみを。
介錯する者の苦悩・辛さを。
もう、その先生から教えを乞うことができなくなることを。
今の今まで生あった者が亡き者になるとはどういうことかを。
後には戻れぬ恐ろしさを。

連合赤軍も楯の会も、共通していることは「若い」「異常なほどに真っ直ぐで真面目である」「危機感を持っている」そして「組織の空気」だ。
時代は20年、30年、40年と下っている。
日本は、いや、世界は、哀しいほど変わっていない。
我々は学ばな過ぎである。
これだけ右が、左が、命を賭して闘ったものを置き去りにしている。
右も左もいつまでも二項対立に陥っていないで、建設的に考えなければならない。
どうすれば「違いが受け入れられる社会」になるのかを。

jiketsunohi
スポンサーサイト
.18 2012 右翼・左翼 comment0 trackback0
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。