スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

【あなたの意見】死刑制度バトン【聞かせてください】バトン

Q1 真面目にお願いします。あなたの正直な意見が聞きたいです。
A1 硬派な感じで良いですね。でも他の回答者、不真面目な人も多かったですよ。
 初めて「バトン」なるものにお答えします。よろしくお願い致します。

Q2 それでは最初に、貴方は死刑制度反対ですか?賛成ですか?
A2 反対です。

Q3 反対派にお聞きします。貴方の大切な方が無残な殺され方で殺されても死刑をとなえませんか?
A3 当事者になったら、その加害者には死刑を求めると思います。本村洋さんのように。

Q4 賛成派にお聞きします。なぜですか?
A4 (抑止力を挙げる人が多いですね。もしくは加害者を一人の人間としては見られない人も回答者の中には多かったです)

Q5 死刑制度が無くなると、犯罪が大幅に増加するという意見がありますがどうでしょうか
A5 抑止力の過大評価は、根拠に基づかない「印象」だと思います。まず、それを測ることなど厳密には不可能だと思う。
 ただ、欧米では「抑止力があるとは言えない」というデータがあるようです。

Q6 死刑制度とはどういった効果などを持つものだと思いますか?
A6 取り返しのつかない冤罪を生み出す効果。

Q7 海外では死刑制度を廃止にする国がありますが、どう思いますか?
A7 いわゆるネトウヨさん達が大好きな中国とか韓国とか北朝鮮は存置だから良いんじゃないですか(ごめんなさい、つい感情的になってしまいました)。
 ただ僕は、「先進国が廃止しているから日本も廃止するべきだ」と思っているわけではありません。

Q8 仮に死刑制度がなくなったとしたら我が国はどうなると思いますか?
A8 ほとんど変わらないと思う。良い意味でも悪い意味でも。
 少なくとも「日本オワタ\(^o^)/」という状況にはならないでしょう。
 もう既に日本終わってます氏ね(すみません、また感情的になってしまいました)。

Q9 以上で質問は終わりです。他の方にも回してくれたらと思います。
A9 存置論者でも良いから、ある程度きちんと勉強していて、少なくとも真剣に答えてくれる方が良いですね。
 やっぱり、人の命に関わることですから。

Q10 お答えいただき、ありがとうございました。
A10 こちらこそありがとうございました。
 同意見でも異論・反論でも良いですので、「建設的な」議論をして頂ける方、いたら嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト
.25 2012 死刑 comment2 trackback0

comment

寿児郎
SLB様

こんばんは。
さっそくのお返事、ありがとうございます。

自分でも自分の回答を読み返してみたのですが、感情剥き出しのところがあって、本当に恥ずかしいです…(汗)。
SLB様がせっかく作ったバトン(こういうバトンは他に無かったので、本当に貴重だと思います)に対してふざけた感じで答えていた一部の人にイライラしてしまって…。
いや、お恥ずかしい…。

反対意見である僕のブログにも誠実にコメント下さって、本当に嬉しいです。
また、他の記事などにも遊びに行かせて頂きます。
ありがとうございます!!
2012.03.28 23:37
SLB
どうもこんばんわ。
バトン作成者のSLBです。
コメントするのが遅くなってしまい申し訳ないです。

バトン答えていただきありがとうございます。

当時、この議題はかなり白熱していました。
回答数は30近くまであり、まとめ記事(読まれたかな?^^;)
を作成した際もかなりの賛否両論のコメントをいただきました。
(現在は20近くまで落ち込んでしまい、当時のコメントも
一部を除いてなくなってしまいましたが・・。)

SLBは賛成派なのですが、反対派の方の意見は少数だっただけに
貴重であり、「こんな考え方もあるんだ」と勉強になりました。

>A3 当事者になったら、その加害者には死刑を求めると思います。

この回答は「なるほど」と思いました。
二極化した回答が多かったので反対派の方がこう答えるとは
思いませんでした。

あともう一つ、なるほど、と思った回答は
>A5 抑止力の過大評価は、根拠に基づかない「印象」だと思います。

洗礼された回答だと思います。
「印象」という単語がまた的確ですね。


またこうして時が経っても答えてもらって、考えるきっかけに
なってもらえるならばうれしい限りです。

今の自分は正直、当時の自分がどういった考えの上で議論を
していたか思い出せないです。
ですが、こうやってコメントをいただけると
今の自分なりにまた考えてみようという気が起きてきました。


お暇があれば、稚拙な文章ですが、他の記事も観覧してやってください。

またの訪問、お待ちしていますね。


2012.03.28 21:08

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://gonjunior9.blog25.fc2.com/tb.php/9-7669f865
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。