スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

環境について学ぼう!~東日本大震災を受けて~

 5/15(日)「環境について学ぼう!~東日本大震災を受けて~」に参加した。
 講師である山崎久隆さんは原発の歴史からエネルギー政策まで、分かりやすく教えてくれた。その穏やかな語り口からは、しかし、核を自らの手で扱おうとする人間の愚かさは充分に伝わってきた。

 福島第一原発のある地は、かつて岩がごつごつしていて住みにくく、農業もできない場所だったという。そんな貧しく、他者の助けを必要とする弱みに、国と巨大企業はいつも目を付ける。日本の原発は、数だけならアメリカの半分だが、面積比を考えた「原発密度」はアメリカの13倍になる。日本列島は、どこにも逃げ場の無い「全国放射能管理区域」のようだ。

 茨城・東海村に行ってきた。震度3レベルの余震が一日に何回も起こる異常事態のその地は、日常の中に震災という非日常が入り混じった非現実的な世界だった。塀や屋根、ガラス戸が破損している町並みの所々に「原子力の町」をアピールするのぼりがはためいていた。1950年代、この地にあらゆる原子力施設が集結されて以来、人々は、この村が「原子力」という未来のテクノロジーによって「世界の東海村」になることを夢見た。
 しかし、そんな人々の夢を、ある日、青白い光が切り裂いた。1999年9月30日、JCO臨界事故である。企業の杜撰過ぎる管理、作業員への情報の不徹底が生んだ事件だ。原子力科学館のパンフレットには《この我が国初の臨界事故は、放射線被ばくによる2名の死者を出し、周辺住民の避難や屋内退避、深刻な風評被害をもたらした。》とある。悲惨な死を遂げた2人については、文字通り「触れられているだけ」だった。直後にはそれを打ち消すかのように、風評被害に視点が移されている。「周辺住民」についても、同じく被曝し苦しんだ人々については全く触れられていない。さらに、そもそもJCO臨界事故は「我が国初の臨界事故」ではない。2007年まで公表されていなかったが、1978年と1999年、福島と石川で臨界事故は起きていた。

 核は人類の手でコントロールできるものではない。そのゴミを捨てることすらできない。誤ったとき、コントロールできなくなったとき、その責任は誰がとるのか。はっきり言って誰にも責任などとれない。ならば、核を取り扱うこと自体を止めることが「責任」であろう。浜岡が今「停止状態」だが、再開を前提としたものである。再開されたらもう、再び止めることは難しくなるだろう。
 ぼくたちは、何も知らされていない世界に生きている。原発の誘致が人の命を奪うこと、命は助かっても一生苦しんだ人のこと、その人が命を終える前に奥さんに言った言葉、原発が無くても電気が足りること、臨界事故という重大事が29年間も隠されていたこと、それを臆面も無く未だにそ知らぬ顔をする厚顔無恥な団体・企業・政党が実在すること。こんな大切なことを、誰も教えてくれない。だから、少しでもそういう世界に触れたら想像してほしい。その人たちの営みを。隠した人々の頭の中、歴史の闇に葬り去られた人々の心の中を。

 高い塀に囲まれたJCO敷地の周囲には、たくさんの菜の花が植わっている。多くの放射性物質を吸い込まされながらも、のどかな春の美しさを演出するその菜の花たちは、哀しいほどにこの社会の縮図であった。
.01 2011 核・原発 comment0 trackback0

茨城・水戸市~東海村

 茨城に行ってきた。もともとは福島にボランティアで行くつもりだったのだが、諸事情により変更した。
 目的は、とにかく行かなければ分からないことを感じ取ることだった。
 「その目的・行動は独善的、あるいは物見遊山的ではないか」ということも自問自答した。あまり深くは考えていないが、結局は「何かしら行動に起こさなければ0だ」というふうに自分に言い聞かせた。「その悩みも、現地に行かなければ結局は分からない」と。
 悩んだ割にはあまり大した旅にはならなかった。人と話す機会も作れなかった。でも、行って良かった。「行かなければ分からないことを感じ取る」という目的は多かれ少なかれ達成できた。

 4/30(土)の20:30過ぎに家を出て、沼津のICに乗ったのは約1時間後だった。そこからのらりくらりと高速道路で行き、水戸に着いたのは1:30頃だったろうか。
 翌日、目が覚めたのは地震のせいだった。寝ていた間にも数回あったらしい。いきなり恐怖の洗礼だ。
 こんなに余震が活発だとは思わなかった。いや、知っていたはずだった。静岡にいても地震速報はあったのだから。でも、実際に体験すると、全然違う。
 正直、静岡で地震速報を見ているときは、「このくらいの規模の余震はあるもんだ」くらいにしか思わなかった。「このくらいの震度じゃ大したことない」とさえ思っていた。しかし、実際に体験すると、自分がいかに他人事だったかが分かって猛省した。震度3レベルの地震が1日に何回も起きるのは、明らかに異常事態だ。揺れは(計ったわけではないが)数十秒続き、その間は長く感じる。「いつ強い揺れに変わってもおかしくない」。そういう不安や恐怖がよぎる。揺れが収まると、「被災地」と自分の「距離」を痛感し、反省するとともに、それに気付けただけでも意味があったという喜びを感じた。

 外に出て車を走らせると、夜中には気付かなかったことに気付かされた。
 家の前の塀・タイルや、屋根が損壊している家が多い。ガラスが割れている家もある。もう日常が戻っているかと思ったら、ここ茨城にも確実に爪痕が残っていた。それは、どんなテレビの悲惨な映像を見るよりもリアルだった。そこで生活をしている人たち、生活しなければならない人たちの息吹は、テレビではなかなか伝わってこない。
 海の近くまで行くと、道路がボロボロになっていた。自分が通った道は、この2ヶ月足らずで直したのだろうか?
 静岡では感じることができなかった、茨城の人々の「生活」が、目の前に横たわっていた。

 国道6号線を北上し、「原子力科学館」を目指した。着いてみたら、本館より手前の別館に、JCO臨界事故展示のスペースがあった。そこには沈殿槽の原寸模型があり、臨界事故の瞬間を説明する映像に合わせて動いたり光ったりする仕掛けだった。あくまで「模型」だと分かっていても、チェレンコフ光が出る瞬間は嫌な気分だった。
 JCO臨界事故展示のパンフレットから、「展示主旨」を引用する。

*****************************************************************
 JCO臨界事故は、国内外の人々に大きな衝撃を与え、風評被害をもたらし、原子力への信頼を揺るがせた。しかし、その記憶もやがては薄れ消え去る。
 この展示は、事故を真摯に見つめ、事故の実像を理解し、風化させず、二度と繰り返さぬための教訓にと企画されたものである。
*****************************************************************

 「風化させず」とか「二度と繰り返さぬため」というフレーズに、意外と誠実だな、と一瞬思ってしまったが、冷静に読むと、被曝して悲惨な死を遂げた二人の作業員については全く触れられておらず、それよりも「風評被害」や「原子力への信頼を揺るがせた」方に視点が行っている。
 先述のパンフレットから、「JCO臨界事故」の概要を説明した部分を引用する。

*****************************************************************
 この我が国初の臨界事故は、放射線被ばくによる2名の死者を出し、周辺住民の避難や屋内退避、深刻な風評被害をもたらした。
*****************************************************************

 二人の作業員については、文字通り「触れられているだけ」だった。直後にはそれを打ち消すかのように避難や風評被害についてが書かれている。
 「周辺住民」についても、JCOの敷地から道路をはさんで130m離れた作業所で被曝し、長年にわたり苦しんだ大泉夫妻のような人々については全く触れられていない。
 さらに、そもそもJCO臨界事故は「我が国初の臨界事故」ではない。1978年11月2日に、現在レベル7の深刻な事故を起こしている福島第一原発で日本初の臨界事故が起きていた。なんと、東電はこの事実を29年後の2007年3月まで公表しなかった。
 次に、JCO臨界事故のわずか3ヶ月前である1999年6月18日、石川県の志賀原発でも臨界事故が起きている。この事故も、2007年3月まで公表されなかった。
 本館の展示も、一言で言ってしまえば、放射能を身近に感じさせ、放射能と親しむ、といった趣きだった。
 JCO臨界事故の被害を被った人々の気持ちを察すれば、まことに寒々しいと言わざるを得ない展示だった。

 原子力科学館の敷地内にあった東海村のマップを見たら、JCOの位置が分かったので、もと来た道を国道6号線に向かって戻った。
 国道6号線にぶつかった辺りにJCOはあるはずだったのだが、それらしい建物が見当たらず、結局農道のような道を通って1周してしまった。ぐるっと回って辿り着いたJCOは、鬱蒼とした森と高い塀に囲まれており、重々しい雰囲気を漂わせていた。
 一つ、気になったことは、JCOの周りの畑にたくさんの菜の花が植わっていたことだ。これは、元々なのか、それとも菜の花は土中の放射性物質を吸収する働きがあるから、そのためなのか。誰かに聞きたかったが、農家の人は誰もいなかった。

 かくして、一泊二日の短い旅は終わった。帰りの高速、途中で寄ったパーキング・エリアでも、揺れた。
 今思い返してみても、ところどころ悔いが無いではない旅だったが、満足はしている。帰ってからも、毎日地震速報は流れる。

 3.11は、今もまだ続いている。

 決して忘れてはいけない。思いを馳せる。想像する。考える。知る。そして、伝える。
 ほんの少し、車でちょっと行ったところに全く違う世界があることを、僕は学んだ。
 そこからまた、ほんの少し、車でちょっと行ったところで僕たちは仕事をしたり本を読んだり誰かと話をしたりセックスしたり飲んだり笑ったり喧嘩したりしている。
 誰かを批判するわけではない。誰も悪くない。ただ、知ってほしい。思いを馳せてほしい。
 ほんの少し、車でちょっと行ったところに、僕たちの「当たり前」が「当たり前」ではなくなっている世界があることを。

 今もまだ、地震速報はやむことがなく続いている。
.03 2011 核・原発 comment0 trackback0

李纓『靖国 YASUKUNI』

Tさん


 こんにちは。丁寧で気持ちの入ったお返事、ありがとうございます。

 恥ずかしながら名古屋高裁の判決のことは不勉強で知りませんでしたので、さっき『週刊金曜日』を買って読みました。空自は多国籍軍の輸送を秘密でやっていたのですね。
 Tさんの、
『「画期的な判決」と歓ぶ護憲派も含めて市民の中にどれだけ”現在日本は戦争中の国 だ”と自覚しているひとがいるでしょうか。』
という一文には目を覚まされました。
 本当に、人々の意識・関心の低さがこういったことを引き起こしてしまうのですね。

 実は今日、映画『靖国 YASUKUNI』を観てきました。静岡で自主上映会があったのです。
 観ながら色々考えていたのですが、今日抱いた感想の一つに、「右翼も左翼も一緒だな」というのがあります。一緒に観た両親は右翼に対する批判めいたことを漏らしていましたが、僕は右翼を右翼としてしか見ないことは、何の解決にもならないと思います。「この社会は今のままで良いわけがない」「もっと良くしたい」という点においては右翼も左翼も同じなのです。
 ならばどうして違う考え方になるのか、どこで考え方が分かれたのか、考えるべきだと思うのです(しかし無数の動物の中で、どうしてヒトだけが思想・信条を持つようになってしまったんでしょう)。
 世界が全て右翼的な考え方で覆われることも、また逆に左翼的な考え方で覆われることも、永遠にありません。なぜならば、一つの事象を目の当たりにしたときに抱く感想や意見は、人の数だけあるからです。だったら共生の道を模索するのが、最も建設的な考え方だと思うのです。
 世界は白と黒、善と悪、右と左の二元論では説明できません。そもそも善も悪も右も左も相対的なもので、曖昧なものであると思います。被害者にも加害者にもイラクの人々にも思いを馳せるのなら、対立しがちな右翼の人たちにも想像を及ばせてやろうと思うのです。

 しかし、です。どんな理由があろうと、どんな大義があろうと、戦争はしてはいけません。人が死ぬからです。もっと正確に言おうと試みるならば、戦争は人が死ぬことを前提とした行為、つまり人を殺す行為だからです。
 どんな悪人であろうと殺してはいけません。何人殺した人でも、殺してはいけません。非常にデリケートな領域ですが、そこだけは譲りたくない、いや、譲ってはいけないような気がするのです。
 とするならば当然、先の戦争も肯定するわけにはいきません。
 たとえば僕が正当防衛で誰かを殺したとしても、「理由があったんだ」とも「俺は間違っていない」とも、ましてや「正義を実行したに過ぎないんだ」とも言いたくありません。法律で裁かれなかったとしても、一生その事実を背負って生きていくしかないのです。
 いや、しかし、そこを正当化してしまうのが人間が本質的に持つ弱さなのかもしれません。右翼とは、もしかしたらその責任を強く感じ過ぎてしまうが故に、自国の行為を正当化せざるを得ないところまで追い詰められてしまった、哀しいほど人間的な者たちの末裔なのかもしれません。
 「憲法違反?それがどうした」と開き直る鉄面皮には、「憲法違反したければするが良い。しかし、人を殺す行為に加担することは許すわけにはいかない」というのが、今の僕に言える精一杯の言葉です。つまり、「憲法が許そうが許すまいが、僕は許さない」。そういうスタンスです。そういう考えの集合体が、憲法であれば良いなと思います。

 平和ぼけ。実に贅沢な言葉じゃないですか。贅沢すぎて「平和の良さを忘れてしまう」という副作用もあるぐらいです。
 しかし、平和の良さ・有り難みを再確認するために戦争をするというのは、あまりにも短絡的すぎます。平和の良さ・有り難みを再確認するために僕らがするべきことは、先の戦争を顧みることです。そして真摯に、謙虚に受け止めることです。
 右翼も左翼もありません。一人ひとりの“人間”に過ぎないのです。違いを違いのまま、複雑さを複雑なまま受け入れること、そして想像力を常に働かせておくことが、戦争ゾンビを眠らせておくための最も効果的な道ではないでしょうか。

 知識も理論武装も無いまま、色々書いてしまいました。でもこれが、今日僕が抱いた等身大の感想です。もし、おかしなところ、お気付きのところがあったらご指摘下さい。
 もっともっと色んなことを知りたいです。もっともっと色んなことを感じたいです。こういう話をしてくれる人は僕の周りには少ないので、また色々と教えて下さい。

 それでは、冷えたり暑かったりジメジメしたりで過ごしにくい季節になってきていますので、ご自愛下さい。


○○○○

YASUKUNI.jpg
.13 2008 右翼・左翼 comment0 trackback0

森達也『死刑』

 18:20、珍しい友人から電話が掛かってきた。
「今、大丈夫?」
「大丈夫だよ」
「何してんの?」
「今スタバで一人で本読んでる」
「へぇ~、何何?」
「え~、たぶん引くと思うよ」
「あ~、イヤらしい本でも読んでるんでしょ~?」
 スタバでエロ本なんか読むわけない。いいだろう。どんな反応が返ってくるか、言ってみた。
「違う違う、違うよ。あのね、森達也って人の『死刑』っていう本」
 え~ともキャーとも取れる悲鳴めいた返事が返ってきた。ちょっと本当に驚かせてしまっただろうか。
「ブックカバーしてるぅ?」
「いや、俺しないんだよね」
「した方が良いよ~。それかせめて表紙を裏返しにするとか……」
 世の中には色んな人がいて危ないからという、彼女なりの心遣いだった。優しい子なのだ。そして人よりちょっと気ぃ遣いな子。ただ、その想定内の反応が僕にほんの少しの孤独感を味わわせた。

 僕が死刑という制度に関心を抱いたのは、本当につい最近だ。数ヶ月前。新聞の書評でたまたま目に入ってきた「森達也」の文字。『ご臨終メディア』や『クォン・デ』を読んで大ファンになっていた。最近、『視点をずらす思考術』も読んだ。
 余談だが、この『視点をずらす思考術』の中の「ビンラディンへの手紙」には2回泣かされた。森の、この世界や人間(または自分)に対する怒り・哀しみ・葛藤、そして深い愛情が感じられ、心が震えた。
 その森達也の今回のテーマは「死刑」。今日ようやく買って、半日かけて半分くらい読んだ。久し振りに優雅で有意義で、充実した休日だった。

 さて、この死刑制度についてだが、この新聞の書評を読むまではほとんど考えたことが無かった。大学で英会話サークルに所属していた頃、ディスカッションの議題として取り扱ったことはあるから、犯罪抑止力の有無とか新たに終身刑を設けた方が良いという意見があることぐらいは知っていた。あとは、光市母子殺害事件で本村洋氏の主張に耳を傾けていたくらいだ。しかし、それはほんの少し知識を得たぐらいで、死刑制度に対して正面から向き合って思考するのとは違う。
 書評や森によると、死刑の実態は今の日本でははほとんど知られていない。秘密のベールに隠されていて、知る機会も考える機会も無い。だからみんな、知らない自分にも気付かない。日本の死刑は絞首刑だということも、今の若い人たち(あえておっさんくさい表現で書いてみた)は知らなかったりするらしい。

 やられた、と思った。また「教育」の問題が浮上してきた。大学1年のときからこの教育っていう厄介なヤツから遠ざかろう遠ざかろうとしてきたのに、何で教育ってやつはこうやって折に触れて俺を悩ませるのか。
 日本の多くの人々が死刑制度について知ったり考えたりする機会がほとんど無いのは、広い意味で「教育」の責任だ。死刑が行われるのに、われわれの税金が関っていることを考えるだけでも、確かに僕たちは死刑に関っている。「知らない」で本当に良いのだろうか?少なくとも、今よりはもっと多くの人が死刑制度に関心だけでも持つようになった方が、健全な社会だと僕は思う。しかし、関心を持つには、少しでも知識が必要だろう。その知識を与える教育が成されていない。僕たちは知らず知らずの内に国家に、政治に、権力に、メディアに、教育にコントロールされている。戦時中ほどひどくはないにしても。
 そういう意識も少しは必要だろう。僕たちは思考停止するようにしむけられ、小さな点としてここに、そしてそこに留まっている。

 森はこの死刑という迷宮を探るために、実に色んな文献・資料を読んだり、漫画家・刑務官・弁護士・政治家などの色んな人と会ったりしている。『クォン・デ』のときもそうだったが、まがりなりにも修士課程を修了している僕が恥ずかしくなるほどの研究力と行動力。しかし、これだけの研究をしておきながら、森は知識やデータだけでは本質は分からないとしている。死刑の本質は別にあるはずだ、と。僕が森の著作を安心して読める理由はここにある。ハードとソフトのバランスが良いのだ。感性に基づいた知識、データに溺れることの無い洞察力。植物に例えると葦だろうか。しなやかな強さがある。
 そして悩みながら、苦しみながら、あるいは泣きそうになりながら、でも譲れない、いや譲りたくない「何か」を抱えながら森は進んでいく。しなやかに強い情緒・意志も好奇心も人間としての弱ささえも一緒に。
 森の文章はいつも等身大だ。テレビに出てくるような「偉い」人たちとは違う。ちょっと好奇心が強くて、ちょっと疑問に対して素直に反応できて、ちょっと空気が読めなくて、そしてたぶんちょっと人間が好きな「普通」の人。そんな森が満身創痍になりながら進んでいるのなら、俺も一緒に進みたい。ちょっとでも。微力でも。この小さな点の小さな推進力がお茶の間レベルで日本中、あるいは世界中に広がったとき、僕たちの世界はきっと確かに変わる。別の言い方をすれば、そういう変わり方じゃないといけない。特別な「誰かが」じゃない。「カリスマが」でもない。「僕/私が」「あなたが」「彼も」「彼女も」「あいつが」「こいつが」「そいつも」である。

 深夜3時過ぎ、ここまで書いて死刑制度に思いを馳せる。さて困った。俺は高校生のとき、先述の光市母子殺害事件に大変な衝撃を受け、以来、本村洋氏を心の中で応援していた。今でも本村氏の言うことに反論するつもりは無い。正確に言えば「できない」。彼は「当事者」なのだ。僕が経験していない、絶対的に知ることのできない領域にいる。僕は畏れさえ抱いている。そこに踏み込んでいくだけの力も知識も自信も、今の僕には無いのだ。

 ふぅ。

 しょうがない。しんどくてもめんどくさくてもやるしかない。考えるんだ。大丈夫、きっと一人ではない。その気になって探せば仲間はきっとどこかに見つかる。見つからなかったとしても自分で創ることだってできるかもしれない。
 きっと傷つくと思う。でも前を見れば森もいるし、他の人たちも見える。横を見たって、幸せなことにいる!後ろには誰かついてきてくれるだろうか。小さな点でも少しだけ前に出てやる。痛いけど。
 絶望するのは、きっとまだ早い。

死刑
.14 2008 死刑 comment0 trackback0

Junior's Journal開設宣言

 Junior's Journalは、管理人Junior(寿児郎)の発信ツールとして開設されます。
 個人的・独善的な日記に陥いらないように心掛け、建設的・生産的な考えの構築の場となれば良いなと思っています。
 また、感覚・考えを言語化し、アウトプットするための練習の場にもなり得ます。

 とにかく、完成されたものをここに載せるのではなく、ここに載せていく上で自分を創りあげていくためのものになると思います。
 たまにごく個人的な他愛もない話題が載ることもあるかもしれませんが……。
.03 2008 未分類 comment0 trackback0
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。